PICKUP求人詳細  株式会社ドングリ

ドングリ_main

ウェディングプランナーから広告代理店、そしてデザインコンサルファーム「DONGURI」へ。私の「なりたい」がここにあります。

UXデザイン思考を基盤とした事業支援コンサルティングを手がけるDONGURI。デザイン思考を軸に、クライアントの事業開発、商品開発、ブランド開発をゼロから行っています。様々な課題を抱えるクライアントに対し、最初にコンタクトをとるのがソリューションチームです。今回はそのソリューションチームにて、セールス/ディレクターとして活躍する早川様に、転職の経緯やその思いについて伺いました。

―お話を伺った方
セールス/ディレクター 早川将司 さん

―漠然とした課題を多角的に熟考し言語化する。クライアントのやりたいことを代弁できたときに喜びを感じます。

DONGURIに入社し2年目です。私の仕事はプロジェクト開始前のヒアリングからスタートし、要件定義、提案を担当しています。プロジェクト開始後はディレクターとして、社内のクリエイティブとクライアントのパイプ役となり進行を管理しています。
デザインコンサルファームを掲げるDONGURIでは、クライアントの表面的な要望に応えるのではなく、「本質的な課題」を解決することに重きを置いています。そのためヒアリングでは、クライアントの抱える課題に様々な角度からアプローチし、本質的に解決すべき点を抽出します。そして、要件を定義し提案につなげます。社内では「ユーザー導線」「ユーザーシナリオ」「UI/UX」というワードが飛び交い、クライアントのお客様、つまりエンドユーザーのことを多角的に熟考しています。
要件を定義するというプロセス自体が入社して初めて経験する業務なので困難もありますが、担当の方から「そう、それが言いたかった」と言ってもらえるとうれしいです。漠然としていた課題を言語化し、代弁できたと実感するとき、非常にやりがいを感じます。
前職ではセールスプロモーション領域に強い広告代理店で、約3年企画営業を担当していました。同じようにクライアントワークとディレクションを担当していましたが、そのスタイルは今とはまったく違うものでした。

前職ではアウトプットありきで仕事が発生します。企画も携わりますが、それはアウトプットのイメージをどうするのかという部分がメインでした。企画営業担当に求められていることは、クライアントが依頼するアウトプットを、決められたスケジュールと予算内で表現し納品することです。
現職のスタイルと比べて、どちらが良い悪いではなく、私はクライアントの課題解決のために何をするのかという企画の行程から仕事に関わりたいと考えていました。そのためDONGURIでの仕事は、私にとって挑戦しがいのあるものです。

―「プロデュース」を軸に転職を2回。「この人になりたい」と思える人に出会えました。

私はDONGURIに入社する前に、2社経験をしています。1つ前は、先に述べたセールスプロモーション領域に強い広告代理店、その前はウェディングプランナーでした。一見ウェディング業界と広告、デザイン業界とキャリアを大きくチェンジしているように見えますが、いずれも「プロデュース(企画し作る)」という点で共通しています。
私が「プロデュース」領域に惹かれる理由は、元来コミュニケーションをとることが好きというのもありますが、様々な人と共にひとつの形をつくりあげることに、やりがいを感じるからです。自分だけではできないことができる、1を100にする力が「プロデュース」の仕事にはあると思います。DONGURIでは、優秀なクリエイターとクライアントの企画段階から関われるので、それこそ自分だけではできない仕事に携わることができていると思います。

振り返ると、大学時代からプロデュースに関わる仕事に就きたいと考え、就活でも広告業界を視野に入れていました。しかし当時、広告代理店のエントリーシートをみて、アイディア勝負の業界という印象を受けました。自分がしたいことは「アイディア勝負」なものではなく、「プロデュースに関わること」と決めていたため、応募はしませんでした。
そこで結婚式を舞台に、企画から実行までプロデュースできるウェディング業界から仕事をスタートしようと決め、社会人スタートの進路を決めました。
ウェディングプランナーとして3年が経過したころ、次は結婚式という枠を超え、製品やサービスそのものの「ブランディング」から、プロデュースを手がけられたらと漠然と考えていました。その頃すでにブランディング領域から携われるデザイン会社として、DONGURIの存在は知っていました。自分がしたい仕事はDONGURIのような仕事だと思っていたものの、業界経験もなかったため当時は応募しようとは、ゆめゆめ考えもしませんでした。

まずは業界に入って仕事を覚えようと思い、2社目の広告代理店に入社しました。そして3年が経過した頃、もっと企画段階から関われる会社で経験を積みたいと考えるようになりました。そんな折、チャンスが巡ってきました。インターネットの求人メディアで、憧れの企業としてDONGURIをブックマークしていたところ、社長のミナベがそれに気づき「話を聞きにきませんか」と声をかけてくれました。
平日夜8時、仕事終わりにDONGURIのオフィスを初めて訪れたときのことは今でも思い出せます。社員の姿がほぼない打ち合わせスペースで、ミナベからDONGURIについての「全て」と言っていいほど、詳しい話を伺いました。例えば収支の話や仕事で使うフォーマットなど、そこまで伝えてしまっていいのかなと思うものにまで及びました。それこそこちらが抱える不安がひとつ残らずなくなるまでじっくり話を伺い、気づいた頃には2時間ほど経過していたかと思います。
かねてから憧れの企業だったこと、またそれに加えて面談で対応してくれた社長の魅力も入社の決め手になったと言えます。
社長の考え方、思考法、ノウハウを盗みたい。この人みたいになりたい。この人についていったら、自分のやりたい仕事につながると素直に感じました。

ドングリ_left
デザイン思考の種を蒔くDONGURI
ドングリ_right
白と木目が印象的な爽やかなオフィス

―「自走」がキーワード。だからDONGURIには、ノルマも目標数字もキックオフすらないのかもしれません。

社員は穏やかな雰囲気の方が多く、勢いだけで仕事を進めるというような方はいません。真摯にクライアントの課題解決に取り組む方ばかりです。
いくつか入社後に驚いたことがありますが、そのひとつは「ノルマ」がないことです。セールス(営業)というと、今月の目標数字などが課されるイメージがあると思います。前職でも売り上げノルマがあり、そこが評価にダイレクトにつながっていました。しかしDONGURIにはありません。当社のセールスが求められていることは、「お客様の課題を解決すること」、本当にそれだけです。会社がそのようなフェーズだからなのかもしれませんが、本当に驚きました。ただ収支自体はいまでも社員にオープンになっているので、いくらくらい必要だろうなということを計算しようと思えば自発的に考えられる環境です。

DONGURIの環境を伝える上で、「自発的」「自走」は外せないワードかもしれません。DONGURIでは、飲み会や期末ごとのキックオフといったような、社員を集めてミーティングをするといったことがほぼありません。これは驚いたことの2つ目かもしれません。どこまでも社員の「自走」を大切にしている環境です。会社として自走できる環境は整えるので、走るかどうかはあなた次第ということかもしれません。また会社として目指すところが明確なので、あえて伝える必要がないのかもしれません。自発的に仕事ができない方には不自由な環境かもしれませんが、私はこの環境を活かしDONGURIの考え方、思考法、ノウハウを吸収し、着実に成長したいと思っています。

最後に転職を悩んでいる方に何かメッセージを伝えるとしたら、「考えている時間がもったいないので行動してみよう」ということです。成長を軸にするなら、転職はネガティブなものではないと思っています。ぜひ次への一歩を進んでほしいと思っています。



―取材後記

DONGURIを象徴するひとつが、コーポレートサイトです。ビジョン、ミッション、バリュー、そしてそれを体現する実績がまとめられています。
デザインコンサルファーム、デザイン思考、ロジック、論理的というワードと、かわいらしいキャラクターが共存するサイト自体が、DONGURIを表しているようです。
正直お話を伺う前、その隙のない情報に身構えているところがありました。しかし実際に訪問すると、その温かな雰囲気に当初のイメージはきれいに溶かされます。それは、ミナベ社長や早川さんの醸し出す柔らかさだけではありません。訪問するとさっと仕事の手を止めご案内してくれる社員の方、帰る際には社員みなさんが顔を向けて挨拶で見送ってくれ、会社全体に余裕のある雰囲気を感じます。

良い仕事ができる環境に、必要なものはなんでしょうか。制度、福利厚生、手当、それらももちろん大切ですが、早川さまのお話から「目標となる人」「目指すビジョン」、「目指せる環境や仲間」が大切だと受け取りました。誰しも働く上で、ふっと立ち止まり仕事やキャリアを見つめ直すときがあると思います。そんな時、自分が大切にしたいことと、その軸にマッチした目標が企業にあれば、立ち止まった足をさらに踏み出す原動力につながると感じました。

ドングリ_sleft
ドングリ_scenter
ドングリ_sright

企業情報

会社名 株式会社ドングリ
代表者氏名 代表取締役社長 ミナベ トモミ
事業内容 お客様の経営課題をデザイン思考で解決するデザインコンサルティングファームです。 <サービス> ・コンサルティング ・クリエイティヴ開発 ・ワークショップ・セミナー
従業員数 18人(2017年1月現在)
平均年齢 ---
本社所在地 東京都北区王子本町2-23-9 加賀ビル3F

この企業が募集している求人情報

※残業少なめ※◆デザインコンサルティングファーム◆UIデザイナー募集(201701-8236)
職種: Webデザイナー
求人番号 201701-8236
職務概要 デザインコンサルティングファームよりUIデザイナー募集です!

【仕事内容】
ブランドサイトやコーポレートサイト等、多種多様なWEBサイトのUI設計、ビジュアルデザインをお任せいたします。
また、クリエイティヴ部分を担当して頂くにあたり、制作部分のディレクションもお任せいたします。


【事業内容】
■ブランドマネージメント
■プロモーション企画及び広告代理業務 
■マーケティング、WEBコンサルティング 
■CI/VI

【会社特徴】
★独自の路線を行く、デザインコンサルファームです!
同社は、2010年創業のデザインコンサルファームです。クライアントの経営課題、事業戦略の課題を「デザイン思考」によって解決しています。
印刷物、Web、CI・BI・映像、音楽など、総合的な提案が可能です。

★特徴
・論理性と感性の融合した、ストーリー設計から導き出される最適なクリエイティブの企画提案。
・優れた業務フロー設計により、業務の体系化がなされています。そのため、個人個人が時間に追われず、メリハリのついた働き方を実現しています。

★平均残業時間36時間。
・ワンフロアのお洒落なオフィスでは常に話し声、笑い声が飛び交い、意見交換や雑談の多い社内環境です。
また、女性も多く、時短勤務や産休制度など、社員が長く働ける環境づくりにも積極的です。

★組織体制
他の制作会社とは違い、「ストラテジーチーム」「マーケティングチーム」「ソユリューションチーム」「クリエイティブチーム」と別れています。
個人の感性に頼ったクリエイティブではなく、論理と感性、機能と美しさの同居した『デザイン』を手掛けます。
勤務地 東京都
雇用形態 正社員
想定年収 301~500万円 ※経験やスキルにより応相談。ご経験により600万円まで可能 ※詳しい条件については、ご面談時にお話致します。

転職支援サービスへのお申し込み(無料)

職種:
求人番号
職務概要
勤務地
雇用形態
想定年収

転職支援サービスへのお申し込み(無料)

職種:
求人番号
職務概要
勤務地
雇用形態
想定年収

転職支援サービスへのお申し込み(無料)

◆アートディレクター主導のエージェンシー◆アートディレクター募集!(201701-8232)
職種: デザイナー
求人番号 201701-8232
職務概要 デザインコンサルティングファームよりアートディレクター募集です!

【仕事内容】
主にWEBサイトやUIにおけるアートディレクション/企画/デザインをする仕事です。
また今迄の経験によっては、印刷物やパッケージのディレクションもお任せいたします。
お客様のビジネス要件定義に基づき、ビジュアルの企画やVI設計、UI設計から検討頂きます。またクリエイティヴ開発におけるプロジェクト運用は勿論、組織に慣れてからはチームマネジメントを行う事も期待しています。

ブランディングやプロモーションの全体戦略から行っている為、結果的に多くの種類のデザインを行う事になります。


【事業内容】
■ブランドマネージメント
■プロモーション企画及び広告代理業務 
■マーケティング、WEBコンサルティング 
■CI/VI

【会社特徴】
★独自の路線を行く、デザインコンサルファームです!
同社は、2010年創業のデザインコンサルファームです。クライアントの経営課題、事業戦略の課題を「デザイン思考」によって解決しています。
印刷物、Web、CI・BI・映像、音楽など、総合的な提案が可能です。

★特徴
・論理性と感性の融合した、ストーリー設計から導き出される最適なクリエイティブの企画提案。
・優れた業務フロー設計により、業務の体系化がなされています。そのため、個人個人が時間に追われず、メリハリのついた働き方を実現しています。

★平均残業時間36時間。
・ワンフロアのお洒落なオフィスでは常に話し声、笑い声が飛び交い、意見交換や雑談の多い社内環境です。
また、女性も多く、時短勤務や産休制度など、社員が長く働ける環境づくりにも積極的です。

★組織体制
他の制作会社とは違い、「ストラテジーチーム」「マーケティングチーム」「ソユリューションチーム」「クリエイティブチーム」と別れています。
個人の感性に頼ったクリエイティブではなく、論理と感性、機能と美しさの同居した『デザイン』を手掛けます。
勤務地 東京都
雇用形態 正社員
想定年収 301~500万円 ※経験やスキルにより応相談。ご経験により600万円まで可能!※詳しい条件については、ご面談時にお話致します。

転職支援サービスへのお申し込み(無料)

当社の転職サービスにつきまして、ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

当社の転職 サービスをご利用になられる方は、以下の無料登録からご登録をお願いします。